netkeiba.com

【マリーンカップ】ホワイトフーガ交流重賞V6 斤量問題なし!蛯名「さすが」

2017年04月13日(木) 06:00

 マリーンカップを制したホワイトフーガ

 「マリーンカップ・Jpn3」(12日、船橋)

 2番人気のホワイトフーガが、3番手追走から直線で力強く抜け出して交流重賞6勝目をマークした。2着は6番人気のララベル、3着は4番人気のリンダリンダと先行した大井勢2頭が粘り込んだ。1番人気のワンミリオンスは6着に敗れた。

 女王の座は譲れない。南関東での牝馬交流重賞で無敵を誇ってきたホワイトフーガが、58キロの斤量を背負っても貫禄の圧勝劇を演じた。

 大外枠からのスタート。内のララベルリンダリンダの大井勢が先行すると、その2頭を見ながら3番手をキープ。直線に入って残り200メートルで満を持して抜け出した。「スタートでちょっとつまずいて少しハミがかかったが、いい感じで回ってこれた。58キロだったので最後はどうかなと思ったけど、さすがに力があるね」と蛯名も能力を再認識した様子。

 見届けた高木師も「斤量の心配もありましたが、まだ今年も頑張れるところを見せてくれました」と笑顔。これで今後の大目標がJBCレディスクラシック(11月3日・大井)の3連覇に定まった。「最高の状態で3年連続Vを目指します」と指揮官は力強く宣言した。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す