netkeiba.com

種牡馬の映像を後世に残し、引退名馬の支援へ繋げる――日本競走馬協会からJAIRSへ寄附金の贈呈

2017年10月05日(木) 17:00

日本競走馬協会常務理事・小林英典氏(左)からJAIRS理事長・和田雅雄氏へと目録が手渡された

 5日、公益財団法人「ジャパン・スタッドブック・インターナショナル」(以下JAIRS)の事務所で、一般社団法人「日本競走馬協会」からJAIRSへ寄附金の贈呈が行われた。これは、日本競走馬協会が製作した種牡馬DVD「Stallions in Japan 2017」の売上から販売委託経費を差し引いた全額100万円をJAIRSの引退名馬繋養展示事業へと寄附するもの。

 日本競走馬協会のDVD制作事業は、映像という新たな種牡馬情報を提供するとともに、データとして後世に残すことを目的に行われており、この2017年版は10周年記念としてサンデーサイレンスなど往年の名種牡馬の貴重な映像を収録している。

 JAIRSの引退名馬繋養展示事業は、競走馬として活躍し、競走・繁殖などの用途から引退した名馬を繋養・展示する牧場の活動を支援する事業。

 贈呈式では日本競走馬協会常務理事・小林英典氏からJAIRS理事長・和田雅雄氏へと目録が手渡された。競馬界の未来に貢献する2つの事業が繋がり、贈呈式は和やかなムードで幕を閉じた。

 なお、「Stallions in Japan 2017」は全国のターフィーショップ、ターフィー通販クラブ、ノーザンホースパーク・オンラインショップ、サラブレッド血統センター・オンラインショップにて販売されている。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す