netkeiba.com

理想の流れ、展開となったコパノリッキー完勝/マイルCS南部杯回顧(斎藤修)

2017年10月10日(火) 18:00

コパノリッキーは理想通りの競馬となって他馬を圧倒した(撮影:高橋正和)

 コパノリッキーにとっては、まったく理想通りの競馬となって、他馬を圧倒する4馬身差。南部杯連覇に加え、盛岡コースは3戦3勝、そしてホッコータルマエの記録に並ぶGI/JpnI・10勝目の達成となった。

 コパノリッキーは互角のスタートから無理なく外目の3番手。逃げたノボバカラの1000m通過は59秒7というゆったりしたペース。かといってスローというほどでもない。平均ペースで流れて好位の外目は、コパノリッキーにとっては絶好の勝ちパターン。4コーナーでは抜群の手応えで前をとらえにかかると、直線で後続を突き放すという、まさに横綱相撲というべきレースぶりだった。

 思えば昨年も、前2頭からやや離れた3番手を追走し、直線抜け出すという、ほとんど同じようなレース展開だった。レコード決着となった昨年は、1000m通過が58秒0というハイペースで、レースの上り3Fが35秒5で、コパノリッキーの上りは35秒2。今回は前述のとおりの1000m通過で、レースの上り3Fが35秒2、そしてコパノリッキーの上りは、なんと34秒6。昨年よりもペースが緩くなったぶん、当然のように上りは速くなったが、それにしても34秒6で上がられては、うしろから来る馬はかなわない。7番人気という、中央馬のなかではもっとも人気がなかったノボバカラが2着に逃げ粘っていることでも、先行有利の緩い流れだったことがわかる。

 ノボバカラにクビ差と迫る3着に入ったキングズガードは、鞍上の中野省吾騎手の好騎乗。スタート後の向正面では中団7番手あたりだったが、緩い流れを読んだのだろう、徐々に位置取りを上げていって4コーナーではコパノリッキーの直後。直線の上り勝負で粘り込んだ。

 コパノリッキー以外の人気馬の敗因ははっきりしている。

 4着のカフジテイクは、意識して早めの競馬をしていたようだが、盛岡コースでは直線一気の末脚が生かせなかった。東京競馬場と同じように、左回りでコーナー2つ、直線に坂のあるコースではあるが、盛岡では前がよほどのオーバーペースにでもならない限り、直線一気は決まりづらい。一度も走っていないので想像になるが、サウンドトゥルーのようなタイプもおそらく盛岡コースには向いていない。

 5着のゴールドドリームは、スタートで大きく出遅れた。互角のスタートから好位につけたらどんなレースをしたかは見てみたかった。

 このレース3勝目を狙ったベストウォーリアは6着。4コーナーで手応えをなくして下がっていくウインフルブルームと、外から位置取りを上げていったキングズガードとの間に挟まれるような格好になり、どうやらウインフルブルームと接触して走る気をなくしてしまったようだった。

 さて、コパノリッキーだが、この記事が公開されるころには、正式に種牡馬入りが発表されているはずだ。次走について村山明調教師は、「まだ勝ってないし、左回りのほうがいい走りをする」とのことで、チャンピオンズCを予定しているとのこと。しかしコパノリッキーにとって、馬群が凝縮して緩みのない厳しいペースになりやすいチャンピオンズCは逆に向かないと思うのだがどうだろう。

 いずれにしても、今後出走する可能性のあるレースは、JBCクラシックチャンピオンズC東京大賞典からの選択となることは間違いないだろう。仮にそこまでで新記録のGI/JpnI・11勝目が達成されなければ、年明けの川崎記念まで、という可能性もあるかもしれない。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す