netkeiba.com

豪州の1歳セールにディープインパクト産駒3頭が上場

2018年01月22日(月) 11:30

 4月9日から11日まで、豪州のシドニーで開催される「イングリス・イースター1歳セール」に、ディープインパクト産駒が3頭上場されることが明らかになった。

 3頭はいずれも豪州における最大手のアロウフィールドスタッドからの上場馬。アロウフィールド所有の牝馬が日本に渡り、南半球の生産シーズンに合わせてディープインパクトが交配され、受胎した後に帰国して、豪州で出産した産駒たちである。

 上場番号11番として登場するのが、母アルヴァータ(その父フライングスパー)の牝馬。母はG1クールモアクラシック(芝1500m)勝ち馬で、欧州遠征を敢行した際にはニューマーケットのG1ジュライC(芝6F)で3着となっている。

 上場番号70番として上場されるのが、母チャーミングエステル(その父リダウツチョイス)の牝馬。叔父に豪州チャンピオンスプリンターのランカンルピーがいる牝系の出身。

 上場番号442番として登場するのが、母ユーアーソーグッド(その父サヴァビール)の牝馬。母はG1オーストラリアンギニーズ(芝1600m)の2着馬だ。

 日本から移籍したトーセンスターダム(父ディープインパクト)が2つのG1を制し、ディープインパクトの評価が更に高まっている時だけに、3頭が豪州のマーケットでどのような評価をされるか、おおいに注目されている。

(文:合田直弘)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す