netkeiba.com

万馬券の女王・エリカ様が府中の芝マイル戦を徹底攻略!

2018年02月02日(金) 18:02

万馬券の女王・エリカ様が府中の芝マイル戦を徹底攻略!

 東京芝1600mは、東京芝2400mに次ぐ主要コース。安田記念をはじめ、ヴィクトリアマイル、NHKマイルCなどのGIが行われる舞台です。緩やかに坂を下っていくUターンコースのため、淡々としたワンペースでレースが流れることが多く、末脚の持続性が問われやすいコースです。

 末脚の持続性というのは瞬間のスピードではなく、トップスピードを持続させる性能のこと。つまり、前走でただ上がり3Fが速い馬だけを狙うと、痛い目に遭うことも少なくありません。

 では、どのような馬を狙えばいいのかというと、3〜4コーナーから動いていっても大きくバテないタイプになります。わかりやすい例を挙げると、3年前の東京新聞杯を優勝したヴァンセンヌでしょう。前走の阪神芝1600m・元町Sでは、3コーナーの外13番手から長くいい脚を使い、4コーナー先頭で押し切っての勝利。3連勝で準オープンを制したために、東京新聞杯では3番人気でしたが、負けていればもっと人気薄になったはず。なぜなら鮮やかに差し、追い込みを決めた馬のほうがインパクトがあり、人気になりやすいからです。

 ヴァンセンヌと同タイプとして、他に2013年のNHKマイルCを8番人気で優勝したマイネルホウオウがいます。この馬は前走ニュージーランドTに出走し、3コーナー8番手から4コーナー4番手まで位置を上げて、結果勝ち馬と0.5秒差(7着)に敗れた馬でした。こういうレースをする馬というのは、スタート後の二の脚は遅いけど、末脚を持続させる持久力がある馬。しかし、東京芝1600mでは二の脚の速さが求められないため、この馬の持久力が存分に生きました。
 
 昨年のヴィクトリアマイルで11番人気で2着したデンコウアンジュは、前走の福島牝馬S(芝1800m)でもっと印象的な競馬をしていました。レースが流れているにもかかわらず、向正面から動いていき、2コーナー13番手から3コーナーでは先団(2番手)を狙って失敗。二の脚の速さが求められない東京芝のマイル戦では、よほどスローペースにならない限り早仕掛けをする必要がないので、ヴィクトリアマイルでは後方から普通にレースを運んで巻き返しました。

 以上をふまえると、東京芝1600mではいい脚を長く使える馬を狙うこと。穴を狙うならば、前走でマクって失敗した馬ですね。今回は極端に早仕掛けした馬たちを例に挙げていますが、前走3〜4コーナーから動いて、直線なかばまでは見せ場を作りつつ、ゴール手前で失速したタイプを狙うと、中穴〜大穴馬券までまんべんなくGETできるでしょう。


 山崎エリカさんはどんな結論をくだすのか。その予想は⇒こちら。 ※予想は当日お昼頃の公開予定です。

 50名のプロ予想家による勝負馬券は『ウマい馬券』で⇒チェック

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す