netkeiba.com

北米を代表する女性調教師、リンダ・ライス師に贈賄疑惑が浮上

2018年02月05日(月) 11:30

 ニューヨーク州競馬賭事委員会が、ニューヨークを拠点としているリンダ・ライス調教師(53歳)を、贈賄容疑で捜査していることが明らかになった。2日付けでデイリーレイシングフォームが報じたものだ。

 記事によれば、2010年から2014年頃の間、ライス師はニューヨーク競馬協会の職員に現金を渡し、その見返りとして、どのレースにどんな成績の馬がエントリーしているかの情報を、エントリーが締め切られる前に受け取り、自らの管理馬をどのレースにエントリーするかを決める上で役立てていたという。

 ライス師は、ゲートクルーを含めて、ニューヨーク競馬協会の職員に現金を渡したことは認めているものの、クリスマスギフトとして渡していたもので、買収の意図はなかったと主張している模様だ。

 上記の期間、ニューヨーク競馬協会にあって、出馬登録の情報を知りえた人物として、ホセ・モラレス氏、マット・サルヴァト氏の名が挙がっている。

 ライス師は1987年に開業。2015年の全米最優秀短距離牝馬ラヴァーダッドをはじめ、シングスチェンジ、テンスキー、シティージップ、ルシファーズストーン、パレス、プリンセスヴァイオレットといったG1勝ち馬を育て、北米を代表する女性調教師の一人に挙げられている。

(文:合田直弘)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す