netkeiba.com

馬産地・日高をPR! IC開通前記念でサラブレッドやポニーがパレード

日高報知新聞社

2018年03月20日(火) 18:00

4月の開通を記念し馬と人がパレード(写真提供:日高報知新聞社)

 日高自動車道日高門別インターチェンジ(IC)〜日高厚賀IC間(14.2km)の開通前記念優駿パレードが、17日午後2時から厚賀トンネル前〜出入口付近で行われた。競走馬のふるさと日高をPRしようと「優駿日高道!!オールひだか魅力発信協議会」の主催。

 開会式で三輪茂日高町長、平野令緒室蘭開発建設部長のあいさつに続き、山口修二日高振興局長の号令でパレードがスタート。

 浦河町のJRA日高育成牧場と新冠町のホロシリ乗馬クラブからサラブレッド9頭とポニー1頭を先頭に、ホクト君とナナセちゃん、とねっこ君、クルミちゃんなど各町人気のゆるキャラ着ぐるみに続き、公募参加の児童39人とその父母や大勢の軽種馬関係者と一般参加者らが本線上の約650m区間をのどかにパレードした。

 日高厚賀ICは4月21日午後4時から供用開始される。当日午前11時から門別総合町民センターで開通記念式典、午後0時40分から厚賀IC付近で関係者による「渡り初め式」を行う。

 通行は無料で、浦河町まで120kmの延伸は日高管内全域の悲願。これでほぼ半分の57.9kmが開通することになり、物流の効率化、競走馬の輸送の安全性、救急搬送の向上――など住民らの期待感は募る。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す