netkeiba.com

プリティカリーナ16など、先週の入厩情報/栗東トレセンニュース

2018年04月17日(火) 11:00

2016年セレクトセールにて1億円で落札されたプリティカリーナ16(撮影:井内利彰)

 先週は2歳馬が続々と入厩。10日1頭、11日4頭、13日7頭、14日4頭とほぼ毎日入厩しており、ようやく調教時間中の緑ゼッケンが目立つようになってきた。近年はこの時期でも良血が入厩してくる。

 4月14日はノーザンファーム(早来町)から母レーヴドスカー(父ロードカナロア、馬名レーヴドカナロア)と母アナアメリカーナ(父ハーツクライ)が斉藤崇史厩舎へ入厩。前者は2010年阪神JFを勝ったレーヴディソール(父アグネスタキオン)という良血。

 同日、ノーザンファーム空港(苫小牧市)から大久保龍志厩舎へ入厩したのは母プリティカリーナ(馬名ジャミールフエルテ)。先週の皐月賞を制したエポカドーロ(栗東・藤原英昭厩舎)と同じオルフェーヴル産駒。本馬は2016年セレクトセール当歳では1億円で落札されたこともあり、これから注目を集める存在になりそう。

 なお先週、ノーザンファームしがらき(滋賀県)から栗東へ入厩した馬は以下の通り。

(取材・文:井内利彰)...

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す