netkeiba.com

オジュウチョウサンの偉業に坂東牧場沸く 平取町副町長も「希望の星ですね」

日高報知新聞社

2018年04月17日(火) 12:00

遠藤平取副町長(前列右)らから祝福を受ける坂東さん(前列中央) 写真提供:日高報知新聞社

 14日の中央競馬春の障害レース最高峰、第20回中山グランドジャンプをレコード勝ちしたオジュウチョウサンの生産者・坂東牧場はJ・GI5連勝に沸いた。

 坂東牧場は、平取町川向で昭和25年に創業。同47年6月に法人化し本場事務所を日高町福満に移転。現社長は3代目の正積(まさかず)さん(42)。生産・育成・調教を手掛け、現在270頭ほどをけい養し従業員数は約100人。

 レースは2番人気のアップトゥデイトを1番人気のオジュウチョウサンが終始追う展開。今回は雪辱を期すアップトゥデイトの勝利かと思われたが、最後の飛越後の直線でオジュウチョウサンが先頭に立つと圧倒的大差でゴール板を駆け抜けた。

 この日、正積社長は中山競馬場で愛馬を応援。留守宅で従業員らと事務所のテレビでレースを見届けた社長の父で顧問の坂東勝彦さん(69)は「期待に応えてくれて満足。今年もケガ無く連勝記録を伸ばしてくれることを願っている」と喜びを噛み締めた。

 さっそく祝福に駆けつけた遠藤桂一平取町副町長は「(J・GI)5連勝達成は競馬史に残る偉業。まことにうれしいかぎり。管内全生産者らの願いを叶えてくれるまさに希望の星ですね」と快進撃を続けるオジュウチョウサンにエールを送った。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す