netkeiba.com

【QE2世C】日本勢完敗…5着のアルアインが最先着 ダンビュライトは7着

2018年04月30日(月) 07:00

 5着に終わったアルアイン(左から2頭目)と7着のダンビュライト(右端)

 「クイーンエリザベス2世C・香港G1」(29日、シャティン)

 5番人気のパキスタンスター(香港)が直線で抜け出し、G1初制覇を決めた。2着は7番人気のゴールドマウント(香港)、3着は6番人気のイーグルウェイ(香港)が入った。日本から参戦したアルアインは5着、ダンビュライトは7着に終わった。

 最後に力尽きた。日本勢2騎はアルアインが5着、ダンビュライトが7着に敗退。昨年のネオリアリズムに続く、日本馬による連覇達成はならなかった。

 スタート後にダンビュライトが果敢に行って2番手を確保し、それを見るようにアルアインが4番手を追走。4角手前で逃げたタイムワープダンビュライトが並び掛け、アルアインもそれに続いたが、馬群の中から飛び出した勝ち馬の伸びにはかなわなかった。

 アルアインの池江師は「ここまで前残りの競馬が続いていたので、道中は作戦通り。ただ、結果として先行馬が総崩れになってしまったし、見通しが甘かった」と作戦ミスを認め、肩を落とした。ダンビュライト騎乗のT・ベリーは「残り800メートルまでスピードに乗っていたが、最後は末脚を出すことができなかった」と振り返った。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す