netkeiba.com

偉業達成のサクソンウォリアーはムーア騎手で英ダービー 英クラシック三冠を意識

2018年05月07日(月) 19:00

サクソンウォリアーは英国クラシック三冠を意識(写真はベレスフォードS優勝時)

 5日、イギリスのニューマーケット競馬場で行われたクラシック第1冠目の英2000ギニーを制し、日本産馬初の英国クラシック制覇の偉業を達成したディープインパクト産駒サクソンウォリアー(牡3、愛・A.オブライエン厩舎)。

 オブライエン師が海外メディアに語ったところによると、次走に予定している6月2日にエプソム競馬場で行われる英ダービー(G1・芝2400m)では、英2000ギニーで騎乗したD.オブライエン騎手から主戦のR.ムーア騎手に手綱を戻す予定。

 また、さらにその先として、イギリスの伝統的なクラシック三冠の英セントレジャー(G1・芝2900m)も視野に入れている。英ダービーも勝利し英セントレジャーに向かうとなれば、同馬を所有するクールモアグループとしては、2012年にオブライエン厩舎のキャメロットが英セントレジャーで2着となり、惜しくも逃した英三冠への挑戦となる。

 サクソンウォリアー父ディープインパクト、母は欧州2歳牝馬チャンピオンのメイビーその父Galileoという血統。英ダービーではブックメーカー各社が同馬を1番人気としている。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す