netkeiba.com

ホントにアーモンドアイで鉄板!? 二人のUMAJOが占う樫の女王決定戦!/オークス予想

2018年05月18日(金) 18:11

元AKBの「れいにゃん」こと藤江れいなさん(左)と、岩手競馬の元騎手「まゆゆ」こと鈴木麻優さん(右)。【netkeiba.com】

―――まず、オークスの出走メンバーを見た印象から教えてください。

鈴木麻優(以下、鈴木) アーモンドアイラッキーライラックの2強になりそうな感じはありますが、桜花賞から一気に800mも距離が延びるので、伏兵の台頭も気になります。オークスは、距離適性もポイントになりますし。

藤江れいな(以下、藤江) アーモンドアイの前走は強すぎました! しかも、個人的にも注目しているルメール騎手が乗りますからね。あとはサヤカチャンが、仲が良い山本彩(NMB48)を連想するので気になっています(笑)。

―――桜花賞を振り返ってみて…。

鈴木 アーモンドアイが強すぎました! 完全に一頭だけ次元が違う走りをしていますよね。 一歩一歩の斬れ味が、他の馬と比べても雲泥の差でした。オークスは一気に距離が伸びて2400mになりますが、後ろからいく馬なので大丈夫だと思います。ただ、道中はもう少し前につけてきそうな気はしますね。ラッキーライラックアーモンドアイの2頭に関しては抜けていると思うので、あまり枠順も関係ないと思いますが、やはり距離ロスなく走れる内枠がいいことに越したことはないでしょうね。とくに、前述した2頭以外は枠順も気になります。

藤江 去年から競馬を始めた私でも、他の牝馬とは全然違うと思ったぐらいですから、やっぱりそれだけ強かったんですね。

―――上位人気になりそうな、他の馬たちについての印象を教えてください。

鈴木 リリーノーブルは安定しているけど、やはり2強には敵わないのかなぁ、と感じますね。マウレアも人気の一角にはなるでしょうし、リリーノーブルとは五分の戦いをしますが、ラッキーライラックと比較すると厳しいですよね。トーセンブレスは1800mの経験もあるし、東京コースで有利な終いを生かす競馬ができますけど、どうしても2強と比べると一枚落ちる印象はあります。

―――他に注目している馬がいれば…。

鈴木 サトノワルキューレは終いの脚がすごくて、距離が延びれば一発あるんじゃないかと思います。私は予想するうえで経験を重視しているので、すでに2400mの経験があるのはプラス材料ですし、スタミナもありそう。2強と戦ってないから、そういう面でも逆転ありそうですね。まだ4戦しか使われないことからも上積みは見込めますし、可能性は無限大です! 穴では、長いところを使われてきている仔。2400mの経験が少ない馬が多いから、一発あるとしたらトーホウアルテミスですね。2200mで勝っているし、前目につけられるからペース次第で残る可能性はありますね。

―――本命はズバリ、どの馬?

藤江 私はやっぱりアーモンドアイです。それと、気になるのがリリーノーブル。確かに、桜花賞で勝ったアーモンドアイは強すぎたけど、リリーノーブルも結構いいレースしていたので、今回もいいところにくるかな〜って。でも、麻優ちゃんの話聞いていると、すごく心が揺らいじゃって。その3頭で決まるんじゃないか、と思えてきました(笑)。

鈴木 私はラッキーライラックを狙おうと思っています!(笑) 桜花賞は内枠で馬場の悪いところを走った影響もあると思いますし、距離が延びるのもあの馬体なら大丈夫! スタミナもありそうですし。でも今回、じつはラッキーライラックと迷うほど、サトノワルキューレにも魅力を感じています。どちらを本命にするかは枠次第かな。サトノワルキューレは2400mの経験ありますし、2強と戦っていませんから楽しみがあるんですよね。

*****************
さて、二人の本命は一体どの馬で勝負したのでしょうか。予想をご覧になった方には二人のサイン入りクオカードが当たるチャンスも! 結論はウマい馬券をどうぞ

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す