netkeiba.com

レインボーラインが優駿スタリオンステーションに入厩

2018年08月02日(木) 11:00

優駿スタリオンステーションで種牡馬入りしたレインボーライン

 2018年の天皇賞・春で悲願のGI制覇を果たしながらもレース後に脚部不安(右前繋部浅屈腱不全断裂)を発症し、現役生活を断念したレインボーライン(牡5、栗東・浅見秀一厩舎)が7月30日、北海道新冠郡新冠町の優駿スタリオンステーションに入厩した。

 引退の原因となった右前脚は日常生活や種牡馬生活には影響がない見込み。大事をとってしばらくは放牧を控えるとのことだが、馬は新しい環境にもなれて元気いっぱい。来春からステイゴールドの後継種牡馬として種牡馬生活に入る。

 通算成績は22戦5勝。天皇賞・春のほか、阪神大賞典アーリントンカップにも優勝している。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す