netkeiba.com

【仏・オペラ賞】武豊ラルクは13着 ゴドルフィンのワイルドイリュージョンがV/海外競馬レース結果

2018年10月08日(月) 05:58

武豊騎手が騎乗したラルクは伸びがなく13着(撮影:谷口浩)

 7日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われた牝馬限定のオペラ賞(G1・芝2000m・15頭)に、武豊騎手が騎乗した日本のラルク(牝5、栗東・松永幹夫厩舎)が出走。中団後方の外目から進めたが、直線では伸びがなく13着となった。

 勝ったのは中団前目から進めたW.ビュイック騎手騎乗のワイルドイリュージョン(牝3、英・C.アップルビー厩舎)。ラスト300mほどで先頭に立ち、そのまま押し切って優勝した。勝ちタイムは良馬場で2:04.32。

 2着は1馬身差で最後方から内を突いて追い込んできたマジックワンド(牝3、愛・A.オブライエン厩舎)、3着はハナ差でオメリク(牝3、仏・F.グラファール厩舎)となり、3歳馬が上位を独占した。

 ラルク父ディープインパクト、母はライラックスアンドレース、その父Flower Alleyという血統で、2歳下の半妹に昨年の2歳女王ラッキーライラックがいる。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す