netkeiba.com

【凱旋門賞】17着クリンチャー、有馬記念を視野に 宮本師「馬は異常もなく元気」

2018年10月09日(火) 07:00

 クリンチャーの横で悔しそうな表情を見せる武豊

 「凱旋門賞・仏G1」(7日、パリロンシャン)

 最下位に終わったフォワ賞から、一発逆転を狙ったクリンチャーだが、結果は17着大敗。プラン通り好位追走の競馬はできたが、直線入り口ではもう手応えがなく、最後は流してゴール板を通過した。

 レース翌日はシャンティイで静養。「馬には異常もなく元気です」と宮本師はホッとした表情を見せた。今後は14日に帰国の途へ。状態面が整えば、有馬記念でG1初制覇を狙うことになる。

 一方、7度目の凱旋門賞挑戦を終えた武豊は、再チャレンジの意欲をみなぎらせた。「馬場入場の時、新しいスタンドを見てかっこいいなと思いましたね。毎年この場にいたいし、いつかここで勝ちたい。日本馬は必ず勝てると思う。その時、僕がその背中にいたいね」。ユタカの心がくじけることはない。いちずに大きな夢を追い続ける。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す