netkeiba.com

【海外競馬】豪州移籍のラングレー、「ロードラングレー」に馬名変更

2018年10月10日(水) 19:00

日本から移籍のラングレー、豪州では「ロードラングレー」に(写真は2016年洛陽S優勝時)

 2016年の洛陽Sの勝ち馬で、日本から豪州に移籍したラングレー(牡7)の馬名が、“ロードラングレー(Lord Langley)”に変更されたことがわかった。

 ラングレー改めてロードラングレーは、父ディープインパクト母ラヴズオンリーミーその父Storm Cat。全弟にドバイターフ勝ち馬リアルスティールがいる血統。6月28日に行われたサラブレッドオークションに上場され、673万円(税抜)で落札。その後、豪州のダレン・ウィアー厩舎に移籍していた。

 同馬は、13日にコーフィールド競馬場で行われるトゥーラックハンデ(G1・芝1600m)に登録しており、ここが移籍初戦となる予定。鞍上はD.イェンドール騎手となっている。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す