netkeiba.com

【天皇賞・秋】スワーヴ、レイデオロ、マカヒキの調子を『調子偏差値』でチェック!

2018年10月26日(金) 20:05

昨年の有馬記念から偏差値「75」をキープしているスワーヴリチャード。好調キープで2度目のビッグタイトル獲得なるか?【netkeiba.com】

 今週は天皇賞・秋が東京競馬場で行われます。13頭立てとやや少なめの頭数になってしまいましたが、今年はなんといっても2頭のダービー馬が出るというのが注目要素といえるでしょう。とくに最近絶好調で重賞を勝ちまくっているルメール騎手鞍上の昨年ダービーレイデオロ。そして秋のG1・3戦の乗り馬をすべて3着に持ってきている武豊騎手が騎乗する、一昨年のダービーマカヒキ。この2頭の『調子偏差値』がかなり気になるところです。

 それでは26日(金)に出た天皇賞・秋の偏差値速報をお届けしましょう。

 1番人気になりそうなスワーヴリチャードは偏差値「75」となっています。この馬の特徴は「偏差値がいつも安定している」ということ。これで5戦続けて「75」をキープ。この数字での好走を続けているだけに、今回も馬券から外せない馬の1頭といえるかもしれません。

 レイデオロは偏差値「71」ですが、こちらも好数値。そして武豊騎手鞍上のマカヒキはそれを若干上回る「73」となっています。双方とも「上昇度」でも上位になっているようです。こちらも見逃せませんね。そして毎日王冠4着から挑む、侮れない存在のステファノスは「63」、中京記念以来のレースとなるブラックムーンは「56」、紅一点で参戦するヴィブロスは「66」となっています。

 一方、今回は毎回注目の「急上昇」馬がこれ以外に1頭登場しています。この馬、「自己ベスト」を出していることもあり、要注目です。秋G1戦線はいよいよ本格化、この機会にぜひ一度『調子偏差値』をチェックしてみてはいかがでしょう。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す