netkeiba.com

【メルボルンC】MRCのジョッシュ・ロッダー氏がオススメする穴馬は?

2018年11月02日(金) 15:00

MRCのジョッシュ・ロッダー氏(撮影:大薮喬介)

 コーフィールド競馬場を管理するメルボルン・レーシング・クラブの競走・広報部に在籍するジョッシュ・ロッダー氏。2016年に日本の新聞でメルボルンCの展望を披露し、アルマンダン(8番人気)の優勝を見事的中させた人である。

――今年のメルボルンCは海外馬が人気を集めています。

ジョッシュ・ロッダー:昔は欧州の馬が参戦してきても、レベルがそれほど高くありませんでした。ですから、地元の馬が活躍していたのですが、最近はその傾向が変わってきています。レベルの高い海外馬が多数参戦してくるようになり、地元馬は苦戦傾向にあります。今年もコーフィールドCでイギリスのベストソリューション(牡4、英・S.ビン.スルール厩舎)がトップハンデを背負って勝ちましたから、メルボルンCも海外馬が中心になるでしょう。

――その海外馬の中で、どの馬が有力だと考えていますか。

ジョッシュ・ロッダー:イギリスのムンタハー(セ5、英・J.ゴスデン厩舎)ですね。前走はイギリスのイボアハンデでしたが、61キロを背負いながら出脚のスピードもあり、ペースが落ちても折り合えて、終いもしっかりと、メルボルンCを勝つための要素をすべて示してくれました。昔は直行組は推せなかったのですが、最近は調教の技術も上がっているので問題ないでしょう。

 あとはマルメロ(牡5、英・H.モリソン厩舎)もオススメです。昨年のコーフィールドCでは勝っていたのではないかと思えるほどの不利を受け、次走のメルボルンCは疲れが出てしまい9着。今年は調教師もそれを踏まえて直行してきました。調教を見ましたが、状態が非常によく、仕上がっていると思います。

 11月1日時点での地元ブックメーカーTABのムンタハーの単勝オッズは4番人気、マロメロは8番人気タイ。本番はマイケル・リンチ氏も穴で推奨していたマルメロに注目したい。

(取材・文:大薮喬介)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す