netkeiba.com

【メルボルンC】クロスカウンターの鞍上K.マカヴォイ騎手「大きな馬にしては機敏な動きもできる馬」

2018年11月04日(日) 19:30

オーストラリアで注目されている1頭のクロスカウンター(撮影:大薮喬介)

 11月6日にオーストラリアのフレミントン競馬場で行われるメルボルンC(3歳上・豪G1・ハンデ・芝3200m・1着賞金400万豪ドル)。地元ブックメーカーTABにおいて3番人気に推されているのが、イギリスの3歳馬クロスカウンター(セ3、英・C.アップルビー厩舎)だ。

 前々走のゴードンS(英G3・芝2400m)は、コースレコードで逃げ切り勝ち。次走のグレートヴォルティジュールS(英G2・芝2400m)は追い込むも、同じゴドルフィンのオールドペルシアンに敗れて2着。先行できるスピードがありながら、瞬発力もあるということで、オーストラリアで注目されている1頭だ。

 オーストラリア到着後に検疫所で脚に外傷を負って出走が危ぶまれていたが、数日で運動を再開。騎乗予定のK.マカヴォイ騎手は10月31日の追い切り後に、

「状態は見るからに良さそうです。追走して追い切りましたが、楽に並びかけて最後の2ハロンは良く伸びてくれました。反応も良かったし、スタミナもありそうでした。大きな馬にしては機敏な動きもできる馬です。陣営も状態に満足しているようですし、レース当日は能力を発揮してくれそうです」と語っている。

 昨年のメルボルンCはアイルランドの3歳馬リキンドリングが優勝。2年連続で欧州3歳馬の優勝なるか。

 なお、日本でも馬券は発売(インターネット投票のみ)され、11月6日7時00分から発売を開始する。発走は日本時間13時00分予定。

(取材・文:大薮喬介)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す