netkeiba.com

ワールドベストレースホースランキング、クラックスマンとウィンクスが首位タイ

ラジオNIKKEI

2018年11月09日(金) 12:35

 IFHA(国際競馬統括機関連盟)から「ロンジンワールドベストレースホースランキング」が発表された。今回は今年1月1日から11月4日までに行われた世界の主要レースを対象とし、120ポンド以上の55頭が掲載された。今年最後の中間発表で、今年の年間ランキングは来年1月に発表される予定。

 ランキングトップはクラックスマン(英)とウィンクス(豪)の2頭で130ポンド。前回の中間発表では125ポンドで7位タイだったクラックスマンは、英チャンピオンステークスを6馬身差で圧勝しトップタイとなった。昨年の同レースも7馬身差で勝利しているが、今回のレーティングは昨年と同じ評価となる。前回単独トップだったウィンクスはコックスプレートを勝ってこのレース4連覇の偉業を達成した。同時に連勝も29とし、G1も通算22勝。今年の中間発表は3月の第1回から9回連続でトップとなる。

 第3位はガンランナー(米)で128ポンド、第4位タイはポエッツワード(英)とロアリングライオン(英)で127ポンド。前回はともに129ポンドで2位タイだったガンランナーポエッツワードは、レーティングが下方修正され、順位も下がった。

 ブリーダーズカップの出走馬では、クラシックを勝ったアクセラレイト(米)が126ポンドで第6位タイに、ターフを勝ったエネイブル(英)が125ポンドで第9位に、ターフ2着のマジカル(愛)が124ポンドで新たに第13位タイに、クラシック2着のガンナヴェラ(米)とスプリントを勝ったロイエイチ(米)が122ポンドで第21位タイとなっている。エネイブルのレーティングは前回と同じだが、馬場は「芝」が対象となった。また、ガンランナーポエッツワード以外にもレーティングの下方修正があり、ランキングも変わっている。

 日本調教馬は新たに2頭が加わり4頭が掲載された。天皇賞(秋)を勝ったレイデオロが123ポンドで第13位タイに、スワーヴリチャードが121ポンドで第28位タイに、ミッキーロケット天皇賞(秋)2着のサングレーザーが120ポンドで第38位タイとなっている。

(JRAのリリースによる)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す