netkeiba.com

ロンジンワールドベストホースランキング 2018年首位はウィンクスとクラックスマン

ラジオNIKKEI

2019年01月24日(木) 12:10

2018年のランキングトップタイに選出されたクラックスマン(写真は18年コロネーションC優勝時、提供元:Racingfotos.com)

「2018年度ロンジンワールドベストレースホースランキング(LWBRR)」がIFHA(国際競馬統括機関連盟)から発表された。2018年1月1日から12月31日までに出走した馬を対象としたもので、国際ハンデキャッパー会議において決定されたものとなっている。

115ポンド以上の332頭(実頭数)がランク付けされ、日本は32頭が掲載された。国別では、アメリカ(74頭)、イギリス(55頭)、オーストラリア(51頭)に次いで昨年と同じ第4位だった。

2018年のランキングトップはクラックスマンとウィンクスの2頭で、レーティングは130ポンド。クラックスマンはラストランとなった10月の英チャンピオンステークスを6馬身差で完勝し、2017年と同じレーティングとなった。英チャンピオンステークスは2017年も7馬身差で圧勝している。2018年は4戦3勝で、他にガネー賞とコロネーションカップを勝ち、プリンスオブウェールズステークスは2着だった。

ウィンクスは2018年も勝ち続けてこの年は7戦7勝、すべてG1で、コックスプレート4連覇という偉業も達成し、2015年5月から続く連勝も29となった。LWBRRではウィンクスは2015年が第8位タイ(123ポンド)、2016年が第3位(132ポンド)、2017年が第2位(132ポンド)と順位を上げ、2018年はトップに浮上している。

第3位はアクセラレイトで128ポンド。パシフィッククラシックで2着馬に12馬身1/2差をつけて圧勝したレーティング(中間発表では126ポンド)が上方修正された。2018年はこの他にもブリーダーズカップクラシックなどG1を5勝している。

第4位タイは、ビューティージェネレーション、ガンランナー、ロアリングライオンの3頭で127ポンド。3頭は、それぞれ、香港マイル、ペガサスワールドカップ、インターナショナルステークスを勝っている。

日本調教馬のトップは、ジャパンカップを勝ったアーモンドアイで第11位タイ(124ポンド)。アルファセントーリと並んで3歳牝馬のトップタイ(牝馬ではウィンクス、エネイブルに次ぐ第3位タイ)となった。

以下、天皇賞(秋)を勝ったレイデオロが123ポンドで第14位タイ、有馬記念を勝ったブラストワンピースジャパンカップ2着のキセキが122ポンドで第20位タイ、大阪杯を勝ったスワーヴリチャードが121ポンドで第31位タイ、天皇賞(秋)2着のサングレーザーが120ポンドで第42位タイ、などとなっている。

(JRA発表による)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す