netkeiba.com

【米・ペガサスワールドCターフ】ブリックスアンドモルタルがG1初制覇 アエロリットとヨシダは着外/海外競馬レース結果

2019年01月28日(月) 11:31

ブリックスアンドモルタルが差し切ってG1初制覇(c)netkeiba.com

 26日にアメリカのガルフストリームパーク競馬場で行われたペガサスワールドカップターフ(G1・芝1900m・1着賞金300万ドル=約3億2500万円)は、中団後方から進めたI.オルティスJr.騎手騎乗のブリックスアンドモルタル(牡5、米・C.ブラウン厩舎)が、直線で前を行く各馬を差し切り優勝した。勝ちタイムは1:54.59(重)。

 2.1/2馬身差の2着にW.ローダン騎手騎乗のマジックワンド(牝4、愛・A.オブライエン厩舎)、クビ差の3着にL.デットーリ騎手騎乗のデルタプリンス(牡6、米・J.ジャーキンス厩舎)が入った。

 日本から参戦したF.ジェルー騎手騎乗のアエロリット(牝5、美浦・菊沢隆徳厩舎)は2番手から進めるも第3コーナー辺りで失速し9着、J.オルティス騎手騎乗の日本産ハーツクライ産駒ヨシダ(牡5、米・W.モット厩舎)は6着だった。

 勝ったブリックスアンドモルタルは父Giant's Causeway、母Beyond The Waves、その父Ocean Crestという血統で、G1はこれが初制覇。

 ペガサスワールドカップターフは、2017年に当時世界最高賞金額レースとして創設されたペガサスワールドカップ(G1・ダ1800m)と同日に行われる芝のレースで、今年が第1回だった。出走馬の関係者は出走枠を50万ドルで購入する。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す