netkeiba.com

ディープインパクト安楽死 社台SS・徳武氏「苦しんで、という感じではなかった」

2019年07月31日(水) 06:02

 ディープインパクトがいた馬房

 歴史的名馬が死んだ。ディープインパクトが30日、けい用先の北海道安平町の社台スタリオンステーションで安楽死の処置が取られた。頚椎骨折が判明し、起立不能の状態から回復の見込みが立たなかったため。17歳だった。

 社台スタリオンステーション事務局の徳武英介氏は当時の状況を説明した。「何とか種付けを復活させたいと、積極的な治療をしてきましたが…。安楽死というと、言葉としては良くないけれど、馬も観念しているところがあって、痛みを通り越して静かにしていた。寝ている感じでしたね。苦しんで、という感じではなかったです」と沈痛な面持ちで振り返った。

 種牡馬としても優等生だったようで「サンデー系は騒いでうるさくて、下町の子みたいでしたが、この馬はお上品。それでいて子どもが走る。特別な馬でしたね。今年の種付けは24頭。前半は海外のお客さんが割合としては多かったので、日本で産まれそうなのは4、5頭ではないかな」と話した。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す