netkeiba.com

【関屋記念】木幡巧“熱男”になる 相棒ハーレムラインで重賞獲りだ

2019年08月09日(金) 06:00

 木幡巧也騎手

 「関屋記念・G3」(11日、新潟)

 思い出の越後路で、再び重賞タイトルを手にするか。木幡巧也騎手(23)=美浦・牧=は、デビューした16年には45勝を挙げてJRA賞最多勝利新人騎手に輝くなど、将来を嘱望された。しかし、この年がキャリアハイ。

 17年はレパードSローズプリンスダムで重賞初制覇を果たしたが18勝止まり。昨年も23勝で、今年は現在15勝。なかなか殻を破れないでいる。今年の重賞挑戦は4回目、新潟では3週連続となる。コンビを組むハーレムラインとは、前走の谷川岳Sで14番人気の低評価を覆して勝利した。

 木幡巧は「前走は成績的には半信半疑だったが、力がすごくある馬だと実感しました」と振り返り「どこからでもレースができる感じで、今回も具合がすごくいい。非常に楽しみです」と力が入る。真夏のマイル決戦で、競馬界の“熱男”になってみせる。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す