netkeiba.com

【大井・黒潮盃】北海道のリンノレジェンドが押し切りV 岡部誠騎手「何とか踏ん張ってくれという感じで追いました」

2019年08月15日(木) 11:10

黒潮盃を北海道所属馬として初めて制したリンノレジェンド(撮影:高橋正和)

 14日、大井競馬場で行われた第53回黒潮盃(3歳・ダ1800m・1着賞金1800万円)は、好位からレースを進めた岡部誠騎手騎乗の2番人気リンノレジェンド(牡3、北海道・林和弘厩舎)が直線で先頭に立ち、直後から迫る1番人気グリードパルフェ(牡3、船橋・山田信大厩舎)を振り切って、これに2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分54秒1(重)。

岡部誠騎手のコメント】
「テン乗りでしたが、過去のレースビデオなどは見ていました。跨がってみて、背中が柔らかく雰囲気のいい馬だと思いました。

 少し促して(前に)行ったので、少しハミを噛んでイライラしてたんですけど、それが良い方向に向いたかも知れません。4角で後続が見えたのでどうかなと思いましたが、止まらないイメージがあったので、何とか踏ん張ってくれという感じで追いました。

 期間限定騎乗はなかなか勝鞍が伸ばすことが出来ないんですけど、こうして重賞を勝たせていただいたことで勢いがついて、あと半月くらいですが、気を緩めずに勝っていけたらと思います」

林和弘調教師のコメント】
「岡部騎手はこの馬の過去のビデオを見てくれていたので、コーナーで遅れることがあることくらいを伝えました。後はジョッキーにお任せでした。

 いい流れになってくれて、本当に良かったです。後続に寄られたときは、負けるのかなと思いましたが、追ってからまたひと伸びしてくれたので、残り100mで勝てたと思いました。

 切れ味勝負は不得意で、脚を長く使えることがセールスポイントだと思うので、門別よりもこっちの方が合うかなと思います。今後は、南関の方に(大井・鈴木啓之調教師)戻ると思います」

(取材:高橋正和、編集:netkeiba)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す