netkeiba.com

【次走】コパノキッキングは米G1見送り 藤田菜七子騎手で東京盃へ

2019年08月15日(木) 11:31

クラスターC3着のコパノキッキング(写真はフェブラリーS出走時、撮影:下野雄規)

 12日のクラスターCで3着のコパノキッキング(セ4、栗東・村山明厩舎)は、視野に入れていた米G1ブリーダーズCスプリントの出走を見送り、引き続き藤田菜七子騎手で、10月2日に行われる東京盃(JpnII・大井ダ1200m)へ向かうことがわかった。

 コパノキッキングは父Spring At Last母Celadonその父ゴールドヘイローという血統。フレグモーネ明けで約4ヶ月ぶりの実戦となったクラスターCでは、これまでとは違う積極策を取るも3着となった。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す