【リヤドダートスプリント】コパノキッキング海外初V マテラスカイと日本馬ワンツー

2021年02月22日(月) 07:00

 強烈な末脚で戴冠したコパノキッキングと鞍上のビュイック

 「リヤドダートスプリント」(20日、キングアブドゥルアジーズ)

 日本馬の強さをまざまざと見せつけた。コパノキッキングが目の覚めるような豪脚を放ってV。ゲートこそ若干遅れたが焦らず追走し、直線で外へ持ち出すと一気に加速。逃げ切りを図るマテラスカイをゴール寸前で差し切り、日本馬によるワンツーフィニッシュとなった。

 殊勲のビュイックは「最後は素晴らしい末脚を見せてくれました」とパートナーを絶賛。海外初Vを決めた村山師も「勝てて良かったです。次はドバイに向かいます。これからも海外で優勝していきたい」と、既に受諾しているドバイゴールデンシャヒーン・G1(3月27日・UAEメイダン)に意欲を見せた。また、同じく日本から参戦したジャスティンは6着に敗れた。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す