仏国産馬ゴーシェンがG2キングウェルハードルを22馬身差の圧勝で重賞初制覇

2021年02月22日(月) 11:45

 3月16日にチェルトナムで行われるG1チャンピオンハードル(芝16F87y)へ向けた「最終便」となる、G2キングウェルハードル(芝15F165y)が20日にウィンカントン競馬場で行われ、2番人気(4.33倍)のゴーシェン(セン5、父オーソライズド)が2着以下に22馬身差を付ける圧勝。チェルトナムフェスティバル初日に組まれたハードル2マイル路線の総決算に向けた、有力候補の一角に急浮上した。

 仏国産馬で、2歳10月に英国で平地デビューしたゴーシェン。平地で6戦3勝の成績を残した後、19/20年シーズンからハードルに転身し、いきなり3連勝。ただし、昨季の最終戦となったチェルトナムフェスティバルのG1JCBトライアンフハードル(芝16F179y)では、1番人気を裏切り最終障害で落馬し、ハードル初黒星を喫している。

 今季序盤は平地を2戦して連敗をした後、前走チェルトナムのG2インターナショナルハードル(芝16F179y)では10頭立ての10着に沈んでいた。

 逃げることの多いゴーシェンだが、G2キングウェルハードルでは2番手を追走。6号障害飛越後に先頭に立つと、そこからは後続を引き離すばかりで、待望の重賞初制覇を果たした。

 G1チャンピオンハードルの前売りマーケットは、前年に続く連覇を狙うエパタン(牝7、父ノーリクスアットオール)と、ハードルデビューから無敗の10連勝をマークしているハニーサックル(牝7、父スラマニ)の2頭が、3〜4倍のオッズで1番人気を争っているが、G2キングウェルハードルの結果を受けて、ゴーシェンがオッズ5.5〜6倍の3番人気に浮上している。

(文:合田直弘)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す