【次走】サウジで海外初Vのコパノキッキングはドバイへ転戦

2021年02月22日(月) 19:35

コパノキッキング(写真はリヤドダートスプリント優勝時)

 20日にサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われたリヤドダートスプリント(ダ1200m)を制し海外初勝利をあげたコパノキッキング(セ6、栗東・村山明厩舎)。

 同馬は、既に3月27日にUAEのメイダン競馬場で行われるドバイゴールデンシャヒーン(G1・ダ1200m)の招待を受諾しており、海外を転戦する見込みとなっている。

 コパノキッキングは父Spring At Last母セラドンその父ゴールドヘイローという血統のアメリカ産馬。

 日本では2019年カペラS(GIII)、東京盃(JpnII)など重賞4勝をあげている。通算成績は21戦10勝。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す