【次走】クロノジェネシス、ドバイSCの鞍上は引き続き北村友一騎手

2021年02月24日(水) 20:01

昨年の春秋グランプリ覇者クロノジェネシス(写真は2020年有馬記念出走時、撮影:下野雄規)

 現地時間3月27日にメイダン競馬場で行われるドバイシーマクラシック(UAE・G1・芝2410m)に出走予定のクロノジェネシス(牝5、栗東・斉藤崇史厩舎)は、引き続き北村友一騎手とのコンビで臨むことがわかった。

 所属するサンデーサラブレッドクラブのホームページで24日、発表された。現在はノーザンファームしがらきで調整中で、25日に栗東トレセンへ帰厩予定。

 クロノジェネシス父バゴ母クロノロジスト、母の父クロフネ。半姉に昨年の香港C(香G1)を制したノームコアがいる血統。

 昨年の宝塚記念(GI)、有馬記念(GI)を制し、JRA賞特別賞を受賞した。通算成績は13戦7勝(うち重賞5勝)。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す