【弥生賞ディープ記念】タイムトゥヘヴン最後までしっかり 新コンビの三浦とリハ

2021年02月26日(金) 06:10

 三浦騎手を背に、ウッドチップコースでライクアジュエリーと併せて追われるタイムトゥヘヴン(左)

 「弥生賞ディープ記念・G2」(3月7日、中山)

 京成杯2着のタイムトゥヘヴンは25日、新コンビの三浦を背に美浦Wで併せ馬。2馬身先行するライクアジュエリー(4歳2勝クラス)と、直線内から馬体を並べて併入した。タイムは5F67秒5-39秒3-12秒7。

 斎藤助手は「しまいまでしっかり動いて問題なかった。気性的に子どもっぽいところがあるので、ジョッキーに乗ってもらいましたが、いい感触をつかんでくれたみたいで良かったです」と話した。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す