【海外競馬】豪G1・3勝のディープ産駒フィアースインパクトが引退 種牡馬入りへ

2021年03月29日(月) 12:19

豪G1・3勝のフィアースインパクトが引退し、種牡馬に(写真提供:Racing Photos)

 オーストラリアでG1を3勝し、2019/2020シーズンの最優秀中距離馬に選出されたフィアースインパクト(Fierce Impact、牡7、豪・M.スミス厩舎)が引退し、種牡馬入りすることがわかった。

 フィアースインパクトは父ディープインパクト母ケイアイガーベラ、母の父Smarty Jonesで、全弟に18年NHKマイルC(GI)覇者のケイアイノーテックがいる血統。

 同馬は2016年10月にイギリスでデビュー。2018年5月にオーストラリアに移籍すると、12月のサマーカップ(G3)で重賞初勝利。翌年はトゥーラックHなどG1を2勝。その翌年もマカイビーディーヴァSを制し、G1・3勝をあげた。通算成績は29戦6勝。

 なお、今後はオーストラリア・ヴィクトリア州のレネヴァパーク牧場で種牡馬となる。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す