ドバイ組の11頭が帰国 ラヴズオンリーユーは転戦で直接香港へ

2021年03月31日(水) 06:00

 ドバイワールドCデー諸競走に出走した日本馬12頭のうち11頭が29日、帰国した。

 ドバイシーマクラシック2着のクロノジェネシス(牝5歳、栗東・斉藤崇)ら関西馬9頭は兵庫県の三木ホースランドパークで、タケルペガサス(牡3歳、美浦・加藤征)ら関東馬2頭は千葉県白井市の競馬学校で1週間の輸入検疫を受ける。なお、クイーンエリザベス2世C・G1(4月25日・香港シャティン)に転戦するラヴズオンリーユー(牝5歳、栗東・矢作)はドバイから直接、香港へ移動する。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す