netkeiba.com

みんなの投稿ニュース

笠松競馬借地料、減額訴訟が和解

2020年05月21日(木) 20:59 3 4

 岐阜県地方競馬組合が、運営する笠松競馬場(羽島郡笠松町)の地権者2人に借地料減額を求めた訴訟は20日までに、上限額を坪単価5千円に設定することなどを条件に岐阜地裁(鳥居俊一裁判長)で和解が成立した。19日付。

 訴状などによると、従来の借地料は馬券の販売実績に連動して算出していたが、近年インターネットによる馬券の売り上げが好調で借地料が上昇し、経営を圧迫。組合は2018年に1坪当たりの上限額を5千円にすることで地権者に同意を求めたが、2人は応じていなかった。民事調停も不成立となったため提訴していた。

ネタ元:https://www.gifu-np.co.jp/news/20200521/20200521-241704.html

浜畑譲
投稿者
浜畑譲

みんなのコメント 3

  • 新着順
  • いいね順
  • こういうのって、双方の言い分に理にかなうところがあるんですよね。 でも和解できてよかったです、どの辺で手打ちになったか存じませんけど。

  • MP4/4
    MP4/4
    2020/05/23 15:55

    売れまくって高額に跳ね上がる借地料。 10年前の取り決め時にはまさかここまで馬券が売れるようになるとは思いませんでしからね。なんという皮肉。 でも上限が決まったのであればよかったです。笠松競馬どんどん購入しますよ。

  • 謎の予想屋
    謎の予想屋
    2020/05/22 19:57

    笠松はこの問題が売り上げの邪魔をしている。

ユーザーレポーターランキング