みんなの投稿ニュース

豪G1馬リキンドリング、せり出場も主取り

2020年12月03日(木) 23:42 1 0

 現地11月30日にタタソールズ・ディセンバーメアセールに種牡馬候補として出場した2017年の豪G1メルボルンカップ勝ち馬リキンドリングが主取りになった。

 豪競馬メディア『racing.com』によると、5万ギニー(約620万円)から始まったリキンドリングのせりは、現馬主の買取希望価格である9万5000ギニー(約1500万円)に届かなかったという。

 ハイシャパラル産駒の6歳馬リキンドリングはアイルランドのJ.オブライエン厩舎に所属していた2017年にメルボルンカップを制覇。その後にオーストラリアのL.ハウリー厩舎へ転厩したが故障もあって19年のメルボルンカップ(15着)に出ただけに終わり、今年からオブライエン厩舎へ戻っていた。

ネタ元:https://world.jra-van.jp/news/N0008240/

浜畑譲
投稿者
浜畑譲

みんなのコメント 1

  • 新着順
  • いいね順