netkeiba.com

みんなの投稿ニュース

Jordan Sport レコード圧逃!

2018年03月10日(土) 22:12 1 0

 ドバイWCまで、3週間となりました。3/10(土)は、メイダン競馬場[Meydan Racecourse]で重賞が5Rありました。1R目は、

2R マハーブアルシマール(首G3)[Mahab Al Shimaal](ダ1200m(左) / 3歳以上)

です。頭数は 11頭、馬場状態は Fast(速良)でした。

 レースは、バラケ気味のスタート。好スタートを切った Jordan Sport(5勝)がハナを切り、Yalta(16モールコムS(英G3)優勝)がすかさず追う。

 Comicas(17ドバイGS(首G1)2着)が、好位置3番手付近に付け、道中は、10馬身近い縦長で進む。

 3〜4角で、後方勢が追い出し、先行勢に迫って直線へ。

 直線の叩き合いは、逃げる Jordan Sportにラストスパートが掛かると、後続を圧倒。直後に付けた 2着の Yaltaに 7 1/4馬身差を付ける圧勝を収めました。

 3着は、後方から内を突いて伸びた Wild Dude(15サンタアニタSPC(米G1)等G1 2勝)。

 勝ち時計は 1:10.18s、レコード。

 勝った ジョーダンスポート[Jordan Sport]は、セン5歳。重賞初勝利。

 騎乗は アドリー デフリース[Adrie De Vries]騎手、管理は ファウジ ナス[Fawzi Nass]調教師。

 血統は 父:Dubawi、母:Wonder Why (母父:Tiger Hill)。
-------
【追記】
●ネタ元URL:Emirates Racing Authorityの当レース全着順一覧

●勝ち馬血統表: http://www.pedigreequery.com/jordan sport
[Pedigree Query]

●レース映像: https://www.youtube.com/watch?v=dFYAW3XTm9I
[Meydan Racing]

ネタ元:http://www.emiratesracing.com/node/6?id=2889&tab=1

みんなのコメント 1

  • 新着順
  • いいね順
  • スーパーサタデー開催。 勝ち馬と4着馬はバーレーンで走ったことないけどバーレーン所属。 クリプトンファクターがゴールデンシャヒーン勝ったのから6年も経つのか!